新生児の多血症

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

新生児の多血症

スポンサーリンク

新生児の多血症は一見とても重い症状のように感じてしまいますが実際にはそうではありません。

新生児の多血症はその原因から見ても比較的自然な症状であり、またこの症状は時間が経過すると共に改善されるため、基本的には問題ありません。

生まれる際に、生まれ方によっては赤ちゃんに血液が多く流れる事があります。
そのため、新生児の多血症が生じるのです。

かといっても、多血症は一般的には治療をする事が大切です。
それなのになぜ治療する必要がないのか。
仮にたくさん赤ちゃんのほうに血液が流れたとしても、生まれた際にその血液の赤血球が壊れて自然とバランスをとるようになっているからです。

よって新生児の多血症は基本的には安全といってよいです。
しかし、なかなかその症状が改善されない場合は治療を行う必要があります。
治療法としては一般的な多血症の治療と同様に、瀉血か水分補給です。
どちらにしても生まれてすぐ慢性的な多血症である可能性はかなり少ないといっても良いでしょう。
そのため、神経質になりすぎることのないようにする事が大切です。

ちなみに、その子が成長していくにつれ生活習慣など何らかの要因によって多血症になる可能性はほかの一般の人と同様にあります。

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.