多血症の原因

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

多血症の原因

スポンサーリンク

相対性多血症は脱水や嘔吐などによって一時的に水分量が減ることにより、相対的に赤血球が増えることが原因です。
そのため、これらの場合は水分補給をすることで回復に向かいます。
比較的軽い症状といえるでしょう。

また同じ相対性多血症であっても、ストレス性が多血症の原因のものもあります。
この場合は、根本的なストレスから逃れることも重要であり、さらには肥満やタバコなどの生活習慣によっても引き起こされる事があります。
そのため、これらの多血症の原因を解消する事が大切です。
ストレスや生活習慣は場合によってはなかなか改善することが難しいこともありますが、これらの多血症の原因は多血症だけでなく、とても多くの病気の原因にもなっていますのでこれを機に改める事が大切です。

また絶対性多血症の場合は、赤血球の絶対量が増えているため、相対性多血症ほど回復が簡単ではありません。
原因としては、高地での生活や睡眠時無呼吸症候群、心配疾患、骨髄の異常な増加などがありますが、原因が不明な場合もあります。
また治療せずに放置しておくと更なる病気の発症にもつながりやすく、がんになる可能性もあります。

自分で原因を特定することはとても大切なことではありますが、自分で間違った判断をすることは意外にも多いため、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.